本文へスキップ

絶対優勝!!オール緑

規約AGREEMENT

オール緑 規約(赤字は平成22年に改正)

第1条(チームの名称)

 チームの名称を「オール緑」とする。

第2条(チームの設立目的)

 横浜市緑区少年野球連盟(以下、「連盟」という。)に所属するクラブチームの協力のもとで選抜された
 選手を対象に、
 @野球を通じてのさらなる健全な心身の育成をはかること
 Aオール緑で得たスポーツマンシップなどを所属チームに還元し、緑区全体のレベルアップを目指すこと
  をチームの設立目的とする。

第2条の2(チームの年間目標)

 横浜市各区対抗選抜少年野球大会その他の参加大会の優勝を目指す。
 なお、連盟は、選手募集時まで年間計画を定めておく。

第3条(組織とその役割)

 チームの運営は連盟が行うものとするが、具体的な組織とその役割は以下のとおりとする。
  組織 構成員 具体的な役割
代表者 連盟理事長 チームを総括する。
監督 連盟理事会で指名された者 チームを指揮統率する。
コーチ 監督から指名された者 監督を補佐する。
スコアラー 監督から指名された者 試合等の記録を作成する。
父母会 選手の父母で構成する 用具、会計等を分担しチームの運営に協力する。
審判 連盟審判部  
事務局 連盟副理事長(オール緑担当) チームの関係者調整、連絡事項の徹底等の庶務を行う。
相談役 監督及び事務局から指名された者
(前年の父母会の会長等)
父母会の相談等に対応する。

第4条(選手)

 @対象:連盟所属クラブチームの最高学年の選手で、以下の方法により選抜された者を対象とする。
 
A選手数:25名以内とする。
 B選抜方法 以下の2通りの選抜方法とする。
  ア 所属クラブの監督から推薦された選手を対象とした公開セレクションにより選手を選抜する方法。 
    なお、実施時期等については、連盟理事会において決定する。
  イ 上記セレクション終了後、監督が特に必要と判断した選手を選抜する方法
 C資格喪失:以下に該当した場合、選手はその資格を喪失する。
  ア 本人及びその父母がその旨の意思表示をした場合
  イ 本人の都合により所属クラブを退団した場合
  ウ その他、連盟が必要と認めた場合

第5条(練習日)

 毎月第3土曜日とする。
 但し、公式戦等の場合は、所属チームの予定等に十分に配慮しながら上記以外の日にも活動を行う。

第6条(チームの会計)

 @会計はチーム事務局が統括し、父母会の会計担当が実務を行う。
 A部費等
  
¥3,000/月とし、毎月、徴収を行なう。また、部費に不足が生じる場合には、随時徴収を行う。
  又、チームの運営はチームの会計によって行うものとするが、監督等のユニフォーム、チームの備品
  (ヘルメ・グラブ等)及び公式戦参加料等については、連盟理事会の承認を得て負担することができる。

第7条(ユニフォーム等)

 選手は練習日も含め、必ずチームが指定したユニフォーム等を着用する。
 なお、ユニフォーム等については、入部の時期を問わず全て自己負担とする。

第8条(父母会)

 父母会における役割分担等については、父母総会において決定する。

第9条(その他)

 @規約の変更、追加は連盟理事会において決定することができる。
 A上記のほかに決定すべき事項が生じた場合には、連盟理事会において決定する。

附 則

 @「オール緑」の規約は平成19年3月4日から施行する。
 A平成20年3月2日、規約の一部改正を行った。
 
B平成22年3月7日、規約の一部改正を行った。

横浜市緑区少年野球連盟

横浜市緑区少年野球連盟HPはこちら

  オール緑これまでの戦績はこちら
  *第10期生(H27年度)以前を掲載
  *
卒団生の活躍記事:
        第6期生第10期生

2017年11月
S  M  T  W  T  F  S
         01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30       


2017年12月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31                   

2018年1月
S  M  T  W  T  F  S
   01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31